秋を彩るローゼル

今年種をまいたローゼルが見事に大きくなり、たくさんのつぼみを付けました。ローゼルは、ローズヒップのようにちょっと酸っぱいハーブですが、色が美しいのとビタミンCがたっぷりで女性に人気です!ティーの他、梅を漬けて梅干し風にするのも乙(おつ)です。

西郷どんと大久保どん

今年も残り僅かになりました。明治維新150年を迎え、鹿児島、西郷どんにたくさんのスポットが当たりましたね。そして鹿屋でも12/2「西郷どんと大久保どん」の市民参加型ミュージカルが上演されます。桜島の2本の煙、西郷どんと大久保どんに見えませんか?

かのやの和牛は世界一!?

とある所用で東京へ行き、都内へ乗り換えの浜松町の駅で、なんと「鹿屋市」の看板を発見!うれしさと驚きと珍しさで、思わずパチリ。鹿屋市、和牛で上京してたんですね~。畜産の方の努力のおかげ、です。ますます畜産、そして農業も頑張りましょう!

夏に咲き・・・

夏の青空と夏の雲を背景に、百日紅(さるすべり)の花が揺れていました。

夏の暑い日々に咲く花は、心に涼を感じさせます。水色と白と桃色のハーモニーが夏をさらに美しくします。

夏に鳴き・・・

夏の昆虫と言えば、セミとカブトムシ。中でもセミは、庭を回れば、たいていどこかで鳴いています。

夏の終わり、そろそろ蝉の声もまばらになってきました。長い地中生活を経ての地上での短い生活。

ただ生きるだけでなく、人間の夏を楽しませているという意味ある人生なんだよ、と語りかけたくもなるのです。

夏に育ち・・・秋に向かって。

南国ならではの柑橘(かんきつ)類が、あおあおと大きく育っています。鹿児島に来て、いろんな柑橘類に出会いました。私のお気に入りはスイートスプリング。

たんかんやポンカン、金柑があちこちの庭にオレンジ色の彩りを見せる、そんなかのやの秋冬が楽しみです♪

こんな近くに♪青い鳥!?

リナシティの川の近くを飛んでいた(幸せの!?)青い鳥が、取ったえさをくわえながら、目の前に止まりました!

エサを運ぶのに一生懸命!のような気がしたので、子どもでもいるのかな?と思いましたが、さすがにリナシティーには巣は見つからず・・・。

時間があれば、追っかけでもしたいと思うような、きれいな鳥でした。

オオルリの系統かな?でもお腹は茶色いですね~。ご存知の方は教えて下さい!

ハーブフェスで良い香りが

先日行われた「かのやハーブフェスティバル」の会場近くに創ったカモミール畑のカモミールです。何とも言えないリンゴのような甘~い香りが心地よい!かわいいカモミールの花摘み体験で、子ども達も大喜びでした。このカモミールを乾燥させて、カモミールティーを作りますよ~。

梅雨時を彩るもう一つの花

梅雨時の花の女王「紫陽花(あじさい)」。そのかたわらで大きく背を伸ばす、お姫様の花「グラジオラス」。
雨のお庭に咲く色とりどりのグラジオラスは、梅雨時の憂鬱な気分をパアッと明るくしてくれます♪
雨の中をお散歩すれば、紫陽花と共にきれいなグラジオラスがあちこちに。見れば心も軽くなり、ホッとしますね。