かのやの観光

荒平天神

荒平天神

鹿屋市の天神町にある、「荒平天神」。
パワースポットとして人気急上昇中のスポットなのですが、行かれたことがありますか? 
この神社、鳥居が小島と海岸を結ぶ砂州に建っていて、まるで世界遺産の厳島神社をほうふつとさせる神社です。

荒平天神には、古い歴史があり、創建は戦国期の天文年間(1532~1554)と言われています。祀られているのはあの学問の神様、菅原道真公。ということで、受験時期には、合格祈願などで訪れる方が絶えません。

ただ、小島の頂上にある社殿に参拝するには、急な階段を登らないと行けません。また、満潮時には潮が満ちて渡れなくなりますので、ご注意ください。(詳しくは下記「荒平天神砂州消滅時刻表」をご覧ください)

  • 荒平天神
  • 荒平天神

荒平天神砂州消滅時刻表(2020年版)
(285cmで砂州が海水に浸かります)

荒平天神


日時 最高潮位時間  最高潮位(cm)  砂浜が浸かる時間帯(予測) 
5月6日 18:40 281 18:10~19:10
5月7日 6:41 281 6:11~7:11
19:25 287 18:55~19:55
5月8日 7:17 282 6:47~7:47
20:09 285 19:39~20:39

出典:気象庁ホームページ(http://www.data.jma.go.jp/gmd/kaiyou/db/tide/suisan/suisan.php?stn=KG

  • 名 称
    荒平天神
  • 住所
    鹿児島県鹿屋市天神町4014
  • 駐車場
    大型バス1台、普通車6台
  • 御朱印
    ありません

>> 鹿屋の名所TOPに戻る