特集

【第14回公演】インタビュー07 飯迫祈里(高1)

飯迫 祈里 (ニックネーム:いのり)
鹿屋高校1年

☆スポットライト大好き、祈るノロ、いのり!
ヒメヒコ歴:1年目
趣味・特技: 人前でしゃべったり歌ったりすること
幸せな時: ヒメヒコの稽古の時間

― では「いのり」ちゃんからお話を聞きたいと思います。よろしくお願いしま~す!

お願いします。

― いのりちゃんって、どんな漢字書くの?

祈る、という漢字に里です。

― へ~、ヒメヒコみたいだね~。(みんなの祈りの場面とか)(笑)

(笑)

― いのりちゃんの趣味・特技・自己PR何かありますか?

昔から、人前でしゃべったりとか歌ったりとかがすごい好きです。

― え~、そうなんだ。人前が好きなんだ~。ヒメヒコは自分を表現できる場だと思って入ったのかな?

はい。

― 入ったきっかけは、また後で詳しく聞かせてね。

― いのりちゃんの幸せだと思う時はどんな時ですか?

みんなと歌ってる時とか、ヒメヒコの稽古の時間が一番楽しいです。

― ヒメヒコは毎年見に来てたんですか?

はい。5年生の時が最初で、あとは中学生2年生と3年生の時です。

― では、ヒメヒコに入ってみたいと思ったきっかけは何ですか?

中学2年生の時に、「大久保どんと西郷どん」に参加していたので、その影響と、いとこがいるので、いとこに誘われて入ろうと思いました。

― えっ、いとこって誰?

鞍掛華。

― あ、はなちゃんなんだ~♪ いとこなんだね。
で、「大久保どんと西郷どん」の時は、どうして入ったの?

母がFacebookで応募を見つけて、母が一緒にやってみようって言って参加しました。

― へ~、お母さんも参加したの? え、誰だったのかな・・

木戸孝允役。

― 男役だったの?(あとでプログラムを確認しました。今年ヒメヒコに入ったメンバーで他にも出演している子がいました♪そして、思い出した~)
お母さんも好きなんだ。演劇とか。

はい、好きです。

― 一緒に参加できて良かったね~。いい経験(思い出)になったね!

― では、ヒメヒコに入ってみてからどうでしたか?

先輩たちの、歌にしても踊りにしても、その技術の高さに圧倒されましたし、入ってみて、改めて入って良かったなって感じました。

― どんなところが入って良かった?

すごいみんな仲が良くて、楽しいです。

― あ~なるほど。今年は1年生がたくさん入ったんだよね。

はい、8人。

― いろんな学校から来てるけど、仲がいいんだね。

― 今年はコロナでイベントがなくて残念だったけど、この前久しぶりに文化祭があってステージがあったね。どうだった?

西郷どん以来のステージで、光を浴びてステージに立てて、すごい楽しかったです。

― 良かったね~。久しぶりのスポットライトだったわけだね(笑)

(笑)

 

― では、目標とか努力していることとかありますか? 

だんだん本番が近づいてきているので、一日一日を大切に、稽古に取り組もうと思っています。

― そうなんだね。他にヒメヒコのために頑張ってることとかはある?

とにかく先輩たちの技を吸収できるように、観察したり真似をしたりしています。

― 自分から先輩に聞いたりね。先輩たちは話しやすいですか?

はい、とても優しくて、聞いた時も、すごい笑顔で教えて下さいます。

― へ~、それいいね。

― 悩みとかはない?

あ~、役を頂いたので、それを模索しています。

― ノロだったね。いきなりすごい役になったね~。今年もオーデションがあったのかな?

はい、歌と・・・ダンスもあった気がする。

― (笑)気がする?

(笑)あ、演技もありました。

― 歌は何を歌ったの?

劇団四季さんの「リトルマーメイド」。

― うん、うん、なるほど~。ダンスは覚えてる?(笑)

あ、黒潮の民を踊りました(笑)確か、ペアで踊った気がします。

― 気がするんだ(笑)

ペアでした(笑)

― 忘れるほど余裕だったんだね(笑)

(笑)いや、緊張しました(笑)

― 演技は?

演技は、それまでに練習を重ねてその時に成果を見せるみたいな。

― へ~、じゃあその練習が大変だったね。

セリフも覚えないといけなかったし・・・。

― そうなんだ。ノロ役はやりたいと思ってたの?

歌を歌える役がしたいなぁと思ってました。

― この前、練習見たけど、上手にやってたよ。これからもっともっとレベルアップしていくと思うから、いのりちゃんのノロが楽しみ~。

 

― では最後に、公演へのメッセージ、PRをお願いします。

大好きな仲間と作り上げたステージを、いろんな人に見てほしいです!

― いのりちゃんの祈りのノロを楽しみにしています。お話、ありがとうございました。頑張ってね!

>> インタビュー一覧に戻る

ヒメとヒコ公演情報