特集

【第14回公演】インタビュー04 前原佳乃(高2)

前原 佳乃 (ニックネーム:ヨシノ)
鹿屋中央高校2年

☆自分と違う!カワイイヒメを演じます、よしの!
ヒメヒコ歴:2年目
趣味・特技: 韓ドラが大好き!
幸せな時: コロナ禍での、ちょっとした嬉しいことも幸せ♪

― では「よしの」ちゃんからお話を聞きたいと思います。よろしくお願いしま~す!

お願いします。

― あっという間に2年生だね。

2年生ももう終わりで~。

― ほんとだ、そうだよね~。あっという間に3年生だね(笑) 2年生になるとみんな忙しくなって、ヒメヒコに集中できないこともあるみたいだけど、よしのちゃんは大丈夫?

はい、ぜんぜん大丈夫です♪

― 趣味・特技は変わってない?

趣味・・・ヒメヒコとは別に?

― そう。趣味は「ヒメヒコ」でもいいんだけど(笑)

(笑) 最近、もともと日本のドラマは好きだったんですけど、韓ドラが好きになって・・・。

― へ~、何見てるの?

「僕たちの復讐ノート」とか「怪しいパートナー」とか・・・。

― 怪しい・・・そんなのあるんだ~(笑) 「愛の不時着」は見た?

あっ、人気ですよね!それ次見ようと思ってるんです!

― 私もまだ見てないんだけど、すごい人気だよね~。見たいよね~。韓ドラはどんなところがいいの?

韓ドラは進展が早い。展開が早くて、見てて飽きないです。

― 韓ドラと言えば、私たちの時代は「冬ソナ」だったなぁ。見た?

まだ見てないんですけど、でもちっちゃい頃、冬ソナの女優さんに似てるね、ってよく言われたことがあります(笑)

― あ~、そうかも~。チェ・ジウでしょ。すごい美人ですてきな女優さんよ~。「涙の女王」って言われてね~(「天国の階段」で泣き顔が評判に)私、すごく大好き。是非、見てみてね。韓ドラって、感情表現とか演技の勉強になるよね。

韓ドラって、ホントに日本のドラマと違うんですよ。感情がすごいです。

― 感情の出し方っていうのが違うんだね。

 

― 最近、よしのちゃんの幸せな時はどんな時ですか。

今年はコロナでいろいろと制限されるじゃないですか。だから、ちょっとした嬉しいことでも幸せで、この前のイベント(文化祭)もホントに幸せでした。

― ホントそうだよね~。コロナ禍では、これまで当たり前にやってきたことに、ありがたみも感じるし、幸せもより感じられるよね。

― 2年生になって、ヒメヒコの中ではどうですか?

先輩が男性しかいないので、1年生が女子だけなんで、2年生の女子としてカバーできることがあれば、というのはあるし・・・気持ちから違います。後輩がいるってことで。

― そうた君もよしのちゃんに、とても助けられているって言ってたよ。

そうですか。カバーできたらなって思って・・・うれしいです。稽古も違いますね。

― どんな風に違うの?

1年生の頃は、先輩に聞けばいい、って思ってたんですけど、今度は聞かれることもあるので、教える、ということで(演技について)よく考えるようになりました。

― 今年は1年生勢いがすごいんだってね。

もう、ホントにみんなすごくて、ホントに個性がすごくて、圧倒されますよ(笑)

― 一人一人がすごいものを持ってるんだね。

だから、1年生からもらうこともあります。たくさん。見てて、いいね~、とか、すごい~とか。

― 圧倒されて、もっと自分を出すとか、負けないようにしなきゃとか思ったりする?

めちゃくちゃ思いますね。やっぱ、ほめられたりするのを見ると、いいなって思って、自分も、自分もって思いますね~。

― そのことも含め、ヒメという役どころもあるけど、努力していることとかありますか?

昨年はヒメ頂いて、ほのかさん(先輩)もヒメだというのもあって、自分のことで精いっぱいだったんですけど、今年ヒメを頂いて、意識するようになったのは、周りのことが分かるようになってきて、ちょっとしたことでも気付いたり、次のシーンやセリフはこうだとか、先輩になったからかもしれないんですけど、そういうことが意識できるようになりました。

― 周りが見えて来たんだね。余裕が出てきたんだと思うし、成長したんだね~。

はい、それはむちゃくちゃそう思います。

― 1年生でのヒメは大変だったと思うよ~。(よく頑張った!)今年のヒメ像は何かあるの?

昨年は、強いヒメを演じるっていう感じだったんですけど、今年は、かわいいヒメ。かわいいくて、でも芯が強くて、でもヒコや昭彦先生の前では乙女になるような、ギャップのあるようなヒメ、という想像ができてます。

― どうしてそういうイメージになったの?

台本を読んでたら、セリフのところにハートマーク♡があったんですよ。それで、今回のヒメはこれでいこう♪って思ったんです(笑)

― (笑)なるほど~。自分はそういうキャラ持ってる?

いや~、演技してて普段自分は全然そういうことしないなって(笑) 新鮮な感じです! 演じるキャラとしては面白いんですけど、普段の自分のキャラからは程遠いです。アハハ!

― (笑)ホントに~!?可愛らしいの似合うのに~(笑) ヒメ&姫子先生が楽しみです。

私も楽しみです♪

 

― では、公演に向けてのメッセージ、PRをお願いします。

コロナ禍であまり表だって(来て下さいって)言えないんですけど、出演場所を用意してもらって、こういう時期だからそこ、最高のものをお届けしたいなって思って。皆さんを元気に笑顔にさせたいと思っています。コロナを吹き飛ばす勢いで。

― 1年生の勢いよりもね(笑)

そう、負けずに!(笑) 

― 他に何か言い足りないことはないですか?

あ~、もっとヒメヒコに入ってほしいですね。男の子とかも。

― (笑)お兄ちゃん、それずっと言ってたよね~!(お兄さんは右京くん:詳しくは後日掲載されるバックナンバーをご覧下さい:現在リニューアル中)毎年、何かあると、「男の子入って下さい!」(笑)

今度先輩たちが卒業したら一人になっちゃうんで。

― そうだよね。兄弟そろって最後はそれで締める「男の子入って下さい!」(笑)

(笑)

― ありがとうございました。コロナにかからないよう、頑張ってね!

>> インタビュー一覧に戻る

ヒメとヒコ公演情報