ヒメとヒコ

ヒメヒコインタビュー
~チャレンジャーたちの声~

鹿園 圭子(ニックネーム:けいたん、鹿(しか))
鹿屋女子高校3年

☆3年連続ナツ☆深いナツを見せる、けいこ!
ヒメヒコ歴:3年目
趣味・特技:音楽鑑賞、アニメ、ポルノグラフィティーが好き♪
幸せな時:ヒメヒコのメンバーや同級生と過ごす時間

― では「けいたん」からお話を聞きたいと思います。よろしくお願いしま~す!

お願いします。

― 3年生になりましたね。大先輩ですね~。

大先輩ですかねぇ(笑)

― 昨年は自己紹介のところ・・・そうだ~。ベーコンレンジャーだ。イエローですよね。
今、ベーコンレンジャーはどうなってるの?

継続中です。

― 今もやってるんだね!色も同じ?

はい、色も同じです。

― そこでヒメヒコのことを、結構話したりするの?

それもあるんですけど、今年はイダクっていうヒメヒコに新しく入った中国人の、ほのほの(ほのかちゃん)と同じ合唱部にいて、去年は合唱部でヒメヒコに出てたんですけど、みんなからはチーって呼ばれてるんですけど。

― え、中国の子?

はい。日本語もペラペラですし、

― 女の子?

はい。英語も結構できて、すごい語学が堪能な面白い子です。

― 鹿屋在住なの?

はい。

― ちーちゃん?

イダクって呼んだり。

― (詳しくはちーちゃんのインタビューをご覧ください)
で、ちーちゃんもベーコンレンジャーに入れたの?

ベーコンレンジャーに入ろう!みたいな感じではないんですけど、私たち5人は1年生からっていうのがあるんですけど、でも3年生からっていう区別もなくって、合唱部で参加してる時も会ったりとか、ちー自体がすごい面白いので、今まで一緒にいたかのような感じで、仲良くやっています。今年の最初の、絵本の読み聞かせのイベントに出る時も、稽古の中で練習するときがあって、赤い猫?題名忘れましたけど、最初その絵本を日本語で読み聞かせしてたんですけど、ちょっと中国語で読んでみて、とかで、中国語ってこんな風に聞こえるんだって、知らない文化も知れてる感じがします。

― へー~、いいね。国際交流みたいなことができて。ちーちゃん面白いって、日本語でも面白いネタをしたりするの?

ん~・・・はるひちゃんみたいに、ギャグをドーンって感じじゃないんですけど(はるひちゃん、そうなのね?)、カワイイって感じの・・・。

― そっか、じゃ、またちーちゃんに詳しく聞いてみよ! 今は6人で仲良くやってるのね。

はい。3年生女子は6人で、あとは高野君がいるので。みんなでワイワイやってます。

― じゃあ、卒業すると7人も抜けちゃうんだ。

ほんと、もっと増えてくれるといいんですけど。

― そうだよね~。

興味を持ってる人はいると思うんですけど、なかなか勉強との両立とか・・・。私自身もできているかどうか、ん?って思うところがあるので、そうところで心配だったりとか、やりたいっていう思いがあってもできない子とか・・・私の友達でも興味があってやってみたかったっていう人はいるんですけど、でもお家が遠くて送迎ができないとか・・・

― 時間が無かったり、足がないとできないっていうのはあるよね。

やっぱり保護者の方の協力があってこそです。

― そうだよね。ヒメヒコに入れるってことは、いろんなことに恵まれているってことなんだよね。

― 趣味・特技は音楽鑑賞、アニメ、ポルノグラフィティーが好きってあったけど、今も同じですか?

ポルノグラフィティーはずっと好きで、今年20周年だったんですけど、東京ドームであったライブにも行って・・・♪

― わー、チケット取れたんだね!

はい。母と二人で行って。今まで、ライブに行った時って、鹿児島市民ホールとか都城とか小さいとこだったんですけど、東京ドーム行ったら5万人で、すごい圧倒されて・・・。ライブパフォーマンスにも感動したんですけど。

― 今だにすごい人気だね。すごーーい!

ポルノグラフィティーの曲で、タオルを振ったり、タオルを掲げるとか、手を振るとか、あって、曲の中に「ハネウマライダー」っていう曲があって、曲の最後にタオルを掲げるんですけど、色とりどりのタオルが会場全体にバーッて広がって、それを見たらそれだけでも感動して・・・。

― 同じ気持ちのファンと一緒に、その景色のなかでポルノグラフィティーを見れたっていうのは、すごい感動だよね~。すごくいい経験したね~。楽しかっただろうなー。

はい。楽しかったです♪

― お母さんもすごい喜んでたんじゃない?ファンだったんじゃなかったっけ?

最初に私の方がファンになって、それから一緒に母も好きになった感じだったんですけど・・・母は何でも幅広く趣味に付き合ってくれたりするので。

― :いいお母さんだね~。趣味が一緒で、ライブも一緒に楽しめて良かったね!

(そして、さらに会場のことやステージのこと、ライブの内容について詳しく話してくれました♪ )

― では、ポルノグラフィティーのライブに行けたのは幸せだったと思いますが、他に幸せな時がありますか?

3年生で残り少ないので、ヒメヒコの稽古をしてる時とか、みんなでワイワイ話している時とか、何気ない会話とかでも、くだらないことでも言い合って話している時が楽しいです。あとは、学校も、もう卒業なので、そこでの友達との時間も楽しいですし、家での家族との時間も幸せだと思うし、3年生になってから特に、離れると思うと、これが幸せな時間なんだなと思います。

― 家を離れるの?

合格発表がまだなので、もし合格したら福岡とかなので。

― 合格するといいね!けいたんに合うところが、きっと決まるよ~☆

― ヒメヒコの話になりますが、今のヒメヒコに対する気持ちとか、努力していること、悩んでいることとかどうですか?

そうですね。私が1年生の時からやってきて、今年ダブルキャストで、そういうのが初めてなので、どうなっていくんだろうって・・・

― 今年は「ナツ」だったっけ?

はい。3年間「ナツ」です。

― そうだね~。キャラは今年も一緒なのかな? 片思いだったよね?

今年はまだ自分でも役柄がつかめてないところがあったりとか、受験の面接練習とかにかける時間が大きくて、なんか自分でもあんまりヒメヒコに集中できてないなっていうのがあったりして、これから決まって集中できる時がくればいいなって思うんですけど。

― 昨日、アキオちゃんが「まだ、2か月あるから」って言ってたけど、そうだな、と思って。学校の両立とかホントに大変だと思うのよ。勉強もあり、不安や心配もあるだろうし。その中でヒメヒコやってるわけだから、みんな偉いな、と思う。そういうのを乗り越えていってるから。あと、2か月あるから、けいたんも上手くいくと思うよ。大丈夫。

ありがとうございます。

― 気持ち的に大変だったね。

ちょっとふわふわしている感じ。しっかりと自分が固まってない感じで。

― 昨年やってるから、基礎はあるから。でも、もちろん新しいナツを楽しみにしています!

― では、公演に向けてのメッセージはありますか?

今年はダブルキャストなので、どっちのヒメとヒコも魅力があるので、それも自分も楽しみです。私は1年生から3年連続でナツの役をもらっているので、今までの経験を通して、すごい自分も変われたっていう思いがあるので、ちゃんと自分の成長したところを出して、3年生として悔いのない舞台にしていきたいなっていうのと、一番はお客さんに楽しんでもらいたいなって思うので、あと約2か月自分と向き合いながら、役と向き合いながら、同じ役をやってきた分、その役を深められるところがあると思うので、みんなですごい熱い気持ちを燃えさせて、いい舞台にできたらと思うので、いろんな方に見に来て頂きたいですね。あと、3年生で、今まで部活とかで見れなかったっていう同級生も見に来てくれると言ってくれてるので、期待にこたえられるように、という思いもあります。

― それは、すごくうれしいね~。去年も来れば良かったって、部活よりヒメヒコ見に来れば良かったって思うかも。

そんな風に思ってくれればうれしいです。結構、クラスの子とかも「今年いつあるの?」って聞いてくれたり、先生とかも来て下さる方とかもいるので。

― へ~、それってホントに嬉しいね。みんなの期待にこたえられるように、新しいより深まったナツができるといいね。けいたんの気持ちがよく伝わりました。学校のことやいろんなことがある中で、その壁、山を乗り越えていかないといけないけど、熱い気持ちで頑張って下さい!

はい!頑張ります!

― 風邪が早く治るといいね。のどを治さないと歌えないもんね。

はい。これが早く治るといいんですけど。

― ダブルキャストなので、私は両日見に行きますからね。頑張ってね☆

はい!ありがとうございます。頑張ります!

>> インタビュー一覧に戻る

  • 公演日
  • TOP
  • ヒメとヒコとは
  • ストーリー
  • 取材レポート
  • ヒメヒコインタビュー
  • メンバー
  • 主催・スタッフ
  • メディア・受賞
  • 関連する鹿屋の歴史
  • ヒメヒコサポーターズ
  • 10周年記念公演の記録
  • 第11回公演の記録
  • 第12回公演の記録