ヒメとヒコ

ヒメヒコインタビュー
~チャレンジャーたちの声~

岡山 明彩未(ニックネーム:あさみん)
鹿屋女子高校3年

☆ユミの歌声聴かせます、あさみ!
ヒメヒコ歴:3年目
趣味・特技:音楽鑑賞、ドラマ、アニメなど
幸せな時:家族みんなでご飯を食べている時

(なぜか今年の合宿の話をしています)

― で今年は合宿で山登りがあると聞きました。去年の山登りよりはハードだけど、似たような感じなのかな、と。でもちょっと違うみたいね。

これまでは、普通に歩いていけるような山登りで、今年はまるまる2日間かけて登る山らしいです。

― 本格的!それは行きたい人が行くってことね。云々、云々・・・。

― さて、それではよろしくお願いしま~す!

よろしくお願いします。

― あさみちゃんは・・・そっか、もう3年生だね~。あっという間だね。

です~。あっという間ですね~。

― 3年生はまた3年生で思いが違うと思うけど・・・趣味・特技は音楽鑑賞、ドラマ、アニメなど、変わりましたか?

変わってないですね~。

― 幸せな時は、ゆっくり寝れたとき、ってなってるけど・・・

やっぱり家族でご飯食べてる時、ですね。

― うん、いいね~。1年生の時もそう言ってたよね。

― 歌の話ですが、今年はこれがマイブームだったっていうのがある?

・・・・ん~、最近あまり聞けてないですね~。

― 3年生で忙しい?

はい、忙しいです。

― 進路とか?

あ、進路は鹿児島の大学に進学が決まりました。

― あ~、おめでとうございま~す。

ありがとうございます!

― 結構早くに決まったの?

はい、推薦だったので。

― ちなみにどんな科って言うか・・・

あ、法学部です。

― 法学部~~!!? え~っ、そうなんだー!!

はい、法学部。ふふ。

― で、法学部に推薦?? 2度の驚き。

そんな、大したことじゃ・・・(笑)

― (大したことですよ~)すごいね~。法律とかを勉強するのが好きなの?

今起こっていることを学びたいってことがあって、将来的に大隅の役所に勤めたいと思ってて、その学校が公務員の試験の対策の講座が受けられたりしたので、そこの法学部に入って、社会のことを学びたいなと思ったのと、公務員試験の対策をしたいなと思って決めました。

― へ~、そうなんだ。公務員になりたいっていう理由は何かあるの?

これまで自分が住んできた大隅っていう場所に、貢献、恩返ししたいなって思って。

― へ~、すごい。志が高いね~。大抵、自分のやりたいことをやるために地方から出て行って、地元に残るってあまりないもんね。

ヒメヒコに参加してて、大隅っていい所だなってことをもっと伝えられたらな、って思って。

― ヒメヒコがあるってこと自体が、大隅っていいよね、って思うよね。それは私もすごく思います。大隅に住めて良かったな、って思うもんね。
例えば具体的に、こんな風に大隅を変えたいとか、こんな所になったらいいなとか、なんかある?

私はもともと垂水なんですけど、私としては、大隅という場所があるけど、いろいろな市が力を合わせて、それぞれが活性化し合っていけたらなって思っていて、それぞれの良さを確かめ合って高め合うとか・・・ヒメヒコをやってるけど、若い子が住みたいなと思うような活動ができたらいいな、って。

― それは素晴らしい志だね!やっぱり地方が元気だっていうのはいいことだよね。みんなが、街が元気っていうのは安心して暮らすために必要で、いろんなサービスが充実しててね、それは公務員の人たちが一生懸命してくれないとどうしようもないからね。あさみちゃん、是非是非頑張って下さい!そういえば、CMあったよね?

「将来なんになるのぉ?・・・こうむいんっ!」(笑)

― それそれ、この前、清水ミチコのライブでもネタにされてたよ~(笑)

― では、今3年目でヒメヒコどんな感じですか?

後輩しかいなくなったので、ちゃんとしなきゃな、って。これからに繋げていかないとなって、すごい感じていて。後輩たちもすごい頑張っていて、ちゃんとしなきゃなっていう思いと、成長させてもらってる・・・後輩たちの頑張っている姿を見て、私も頑張んないとなって思うところがすごいあるので。いい関係性なんだなって思います。

― なるほど。もともとヒメヒコはタテ社会じゃないから、横が仲いいしね。とはいえ、先輩として気を付けていることはある?

できるだけ壁を作らないようにしています。先輩先輩っていうよりも、同じ目線ていうか、私達も1年生の時、2年生の時ってあったので、その時の気持ちを忘れずに、自分もこういうことあった、っていうのを大事にしています。

― 気持ちが分かってあげられるもんね。こういう時、こうしてくれて嬉しかったとかね。

これまで自分たちの先輩たちがしてくれてたようにできたらな~って思います。

― それがヒメヒコが繋がっていくってことだもんね。

― 今本番に向けて、どんな気持ちというか、乗り越えなければいけないこととかありますか?

今年、私は「ユミ」になったんですけど、去年は「ヒメ」だったので大人っていう役だったんですけど、今年は高校生に戻るので・・・(笑) 去年は大人の女性の感情を作ってきてたので、でも今回高校生で、今高校生だからわかると言えばわかる・・・でもなかなか難しくて、まだ自分がユミとしての気持ちを作りきれてないと感じるので、今はユミになりきれるように考えているところです。まだ模索中。

― マナの友達は「ユミ」と「ナツ」だけど、そのキャラは決まってるの?それとも、その時のキャストが作っていいの?

こんなキャラって言われることもあるけど、今はまだ何も言われてないです。

― じゃあ、あさみちゃんのイメージするユミでいいのかもね。まだ考え中だと思うけど、あさみちゃんの考えるユミってどんな感じ?

とりあえず「昭彦先生、LOVE♪」みたいな(笑) で、クラス全体が昭彦先生LOVEってなってて、あとはユミが、昭彦先生と姫子先生のうわさがあるよって持っていく役なので、情報通な子(笑)

― あ、あの情報屋ね(笑) 噂が好きな。ちょっとあさみちゃんとはタイプが違うよね。あさみちゃん冷静なタイプだと思うから。違うタイプの役作り、結構面白いかも。違うタイプの高校生になれる。(役者として)勉強になるね。

はい。結構クラスの中でそういう子を見ながら、こんな感じなんだ~って(笑)。

― いるいる、クラスに必ずいるよね。そういう子。そういうの大好きな子って、面白いよね。

見てて面白いですよね。

― どうしてそういう風な感情になるのか、聞いて見たらいいかも~。

今度聞いて見ましょうかね。ふふふ。

― 目標とか努力してることはある?

今は台本を読み込んで、自分が思うユミを探しているところです。このセリフ、場面、高校生だったら、どんなふうに思うんだろうな、と思いを馳せながら書き込んだり。
あとは「シリウス」っていう歌を歌うので、ひたすら練習・・・

― あの曲はすっごい感動する曲だからね。私も大好きで良く口ずさむ歌の一つ。あさみちゃんが歌うなら、なおさら感動するだろうね~。

頑張ります!

― あさみちゃんが歌うまいのは重々承知。去年のヒメの歌もすごく良かったんだよね。ちゃんとその歌に入れるよね。

去年同級生の2人が「シリウス」歌ってるのを見てて、すごいなって思ったので、(ヒメ余裕)そういう感情に自分もできるように歌えればなと思っています。

― あさみちゃんのヒメの歌は、本当に歌に表情が出てて素晴らしいな、と思って聞いてたよ。楽しみだなぁ。「シリウス」は今、歌い込んでるんだね。

はい、風呂場で(笑)

― 私もよく風呂場で歌うよ。えへへっ(笑)。(「シリウス」は風呂場で歌いたくなる歌なのか?)

― 公演に向けてのPRはどんな感じかな。

今回が最後の卒業公演になるんだな~、っていうのを感じてます。自分の表現できるすべてを、2月8、9日に「全・部!」出し切りたいと思うので、今はそのための準備。自分の思いとか、動きとかを整えて、皆さんにお届けできるように頑張っていきたいと思います!

― 後先になるけど、オーディションはどんな感じで臨んだの?v

ダンスはその時に振り付けて、30分ぐらいで覚えて、それをみんなの前でひとりずつ踊っていくっていう。・・・死ぬほど緊張しました。

― ホント?なんで?

覚えるの苦手で・・・。

― みんな踊るの苦手でっていうんだけど、みんなちゃんと踊れてるんだけどなぁ。

私ホントに・・・。で、私、一番最初に踊ったんですよ~。遠く見たら、舞台袖でまだみんな練習してるのに、じゃんけんで一番最初に負けて(笑)

― それは緊張するわ。でも頑張って踊ったんだね。

記憶にもありません。緊張しすぎて。

― そうだったんだ。歌は何を歌ったの?

趣味のところに書いてある通り、アニメが好きなので、自分が好きなアニメの中の曲を歌いました。

― 歌は得意だからね~。演技もあったんだよね。それは得意なんじゃない?

いや~・・・、私は自分の演技力に自信がないもので・・・。

― 去年のヒメ、表現力すごくあったから。今年のユミも、何かあさみちゃんの魅力を太郎さんが見つけたんだと思うから、頑張ってくださいね。ヒコ役をしたダイゴ君も卒業の舞台は倭の使者になって、キャスト発表の時は泣いて悔しがったみたいだけど、あさみちゃんはどうでしたか?

ん~なんか、複雑でしたね。

― その後、ダイゴッチは違う役で勉強になって、その役の評判がものすごく良くて、改めてダイゴッチの役者魂の成長に感動しました。一つの役を深掘りして進歩するのもいいけど、いろんな役ができるのもいい経験だと思います。(右京君も、最後まで悪役志望でしたが、卒業公演は正義のヒコ様でしたね)あさみちゃんの悪役とかね。

あ~、あこがれてます。カッコいいですよね。

― カッコいいよね~。みんなのやりたい役人気NO.1.だからね。いろんなみんなの、いろんな役を見てみたい、というのもお客さんの期待ですからね。今回はユミを頑張ってください。特に歌を楽しみにしています。

あ~、ありがとうございます♪

― 風邪ひいて歌えなくならないように気を付けてね。でもヒメヒコで歌えなくなる子とか今までになかったからすごいよね。

今年のヒメヒコ、練習なんか見てても、すごいな、って思って。なんか去年この時期、私ドタバタしてたな、って感じてたんで。

― ちょうど進路のことや受験のことがあって、大変な時期だったんじゃないの?
(そして進路なんかについて、いろんなこと話しました♪)

― 話は変わるけど、みんな、ご飯どうしてるの? 食べて来てないでしょ?

食べてる人もいると思います。私もちょっとつまんできて、帰る時にちょっとだけパクパクっと食べて、お家に帰って寝る、という感じです。

― ヒメヒコは、学校終わってからこの時間までするわけじゃない? だから体力的にもみんな頑張っててすごいな~って思ってて。

冬になったらバナナを学校に持っていて、放課後になったら食べるってのをやってます(笑)。

― あー、そうなんだ。ヒメヒコのために、いろんな工夫もしてるんだね。これから冬の時期、のどを大事にしながら、体を大事にしながら頑張って下さい。楽しみにしています!

ありがとうございます!

>> インタビュー一覧に戻る

  • 公演日
  • TOP
  • ヒメとヒコとは
  • ストーリー
  • 取材レポート
  • ヒメヒコインタビュー
  • メンバー
  • 主催・スタッフ
  • メディア・受賞
  • 関連する鹿屋の歴史
  • ヒメヒコサポーターズ
  • 10周年記念公演の記録
  • 第11回公演の記録
  • 第12回公演の記録