ヒメとヒコ

ヒメヒコ メンバー紹介&インタビュー
~チャレンジャーたちの声~

チャレンジャーたちにもいろんなことがあるのです。
その努力と親しめる人柄を知れば、あなたも勇気をもらえます!

※この記事は公演後も数か月掲載しておりますので、ごゆっくりお楽しみ下さい。
※このインタビューは、事前のアンケートと今冬の実際のインタビューとで編集したものですのでタイムラグがあります。(学年順・ほぼインタービュー順)

  • 東桃子
    鹿屋中央高校3年

    ヒメの分身、白い鳥を強く優しく美しく舞う、もも!

    インタビューを読む

  • 上堂薗 香暖
    鹿屋中央高校3年

    歌舞劇の愛加奈役でも大活躍、今年は島の神女に挑戦、のん!

    インタビューを読む

  • 前原右京
    南大隅高校3年

    望まぬ正反対のキャラに挑む、正義の味方役、うきょう!

    インタビューを読む

  • 前田聖也
    鹿屋中央高校3年

    ヒメヒコ合唱から転身、今年はキャストとして演技も見せます、せいや!

    インタビューを読む

  • 岩元朱李
    鹿屋女子高校3年

    三線引きながら、歌って踊ってはじける、あかり!

    インタビューを読む

  • 宮下舞雪
    鹿屋中央高校3年

    ヒメヒコの仲間を本当に大切に思う、まゆ!

    インタビューを読む

  • 和田敬太
    鹿屋中央高校3年

    短い日々でもチャレンジの気持ちで精一杯頑張る!けいた!

    インタビューを読む

  • 小林弥央
    鹿屋高校3年

    新しい楽曲にも挑み、レベル上げて聴かせます!ドラマーの、みお!

    インタビューを読む

  • 大平航志
    鹿屋中央高校3年

    音響が楽しくてたまらない!!こうし!

    インタビューを読む

  • 川田華菜美
    鹿屋女子高校2年

    アンサンブルを引っ張るリーダー、はなび!

    インタビューを読む

  • 鹿園圭子
    鹿屋女子高校2年

    ベーコンレンジャー☆イエロー!の???、けいこ!

    インタビューを読む

  • 岡山明彩未
    鹿屋女子高校2年

    今年は大役にチャレンジの、美しい歌声、あさみ!

    インタビューを読む

  • 大松歩乃花
    鹿屋中央高校2年

    合唱部で鍛えてきた歌声とほんわかキャラで、今年も見せます、ほのか!

    インタビューを読む

  • 仮屋薗陽
    鹿屋高校2年

    演じることの深みを表現、はるひ!

    インタビューを読む

  • 高野吉洸
    鹿屋農業高校2年

    カヌーで鍛えた体で、ヒメヒコに挑む島男、よしひろ!

    インタビューを読む

  • 福重綾花
    鹿屋高校1年

    イケメンとミュージカルが大好きな、憧れのヒメヒコに初挑戦のあやか!

    インタビューを読む

  • 黒木寿々奈
    鹿屋中央高校1年

    ユーフォニアム奏者、演技に磨きをかけてきた、すずちゃん!

    インタビューを読む

  • 田原蔵人
    鹿屋高校1年

    アットホームなヒメヒコの仲間たちと練習に励む、くらんど!

    インタビューを読む

  • 和田創太
    鹿屋工業高校1年

    歌舞劇にも出演、初ヒメヒコでもワルで魅せます、そうた!

    インタビューを読む

  • 林瞳真
    鹿屋工業高校1年

    冷え性と戦いながら、ヒメヒコに熱く挑む、とうま!

    インタビューを読む

編集後記 ~インタビューから見えたもの~
ヒメヒコメンバーの皆さん、今年もインタビューありがとうございました!!
この記事は、ヒメヒコに関心をもって下さった皆様のために、公演後もしばらく掲載され、各メンバーの公演までの頑張りや夢を知ってもらって、ヒメヒコをより一層身近に感じて頂ける良い機会になるものだと思います。また、これを読んで未来のヒメヒコ達が育ってくれたり、戸惑いながら道を探している同じくらいの年の子どもたちが勇気づけられたりする、先輩たちからのエールともなることでしょう。

毎年メンバーの皆さんのお話を聞くと、落ち込んでいる時でさえ生き生きとした命の輝きに、心の震える思いがします。

そんな今回のインタビューで見えたものは・・・。

☆乗り越えようとする力☆
今年のヒメヒコは「変化」の年でした。3年生でさえ、配役の違いなど初めての経験にチャレンジを余儀なくされ、2年生も初めての先輩の立場、1年生や新人さんは、すべてが未知の世界に足を踏み入れ、楽しいながらも一生懸命ついてきて、真剣にヒメヒコに取り組んできました。舞台そのものも刷新された12年目。自分を見つめ直し、人間としての成長の中で、苦しいことを経験したメンバーが多かったように思います。でもそれをどうにかして乗り越えてきた。目の前の大きな山を、ちゃんと征服したのではないでしょうか。メンバーのみなさんに、「自分に、ご褒美を上げて」と言いたくなります。

それも周りのいろんなサポートがあってのこと。特に保護者の方、ご家族の方には感謝です。いよいよ本公演。難所を乗り越えて頂点に登ったヒメヒコメンバー達の、清々しい(すがすがしい)舞台をぜひ楽しまれてください。見ている私たちの心も洗われ、感動の波の中で、同じように清々しい幸せな気持ちにさせてもらえることと思います。

☆仲良し☆
ヒメヒコメンバーは「結」の精神を持っています。毎年いろんな「結」の形を見せますが、今年は何だか、素朴に、素直に、みんな「仲がいい」という印象を受けました。その仲間の雰囲気や空気を察知して、新しい仲間が増え、特に男の子のメンバーが入ったことで、新たな「結」の形が生まれたような気がします。インタビューでは、みんなが口々に、仲間といる楽しさを語ってくれました。ヒメヒコでしか味わえない、仲の良さ。それは大人に向かう高校生たちの、心のバランスを取る「居場所」のようです。ずっと続く友達関係を結べる心地良い場所。ヒメヒコは人生の宝を見つけられる幸せの空間でもあるようです。

幕が開いたら、新しい自分を見せて! そこは君たちだけの青春の家。

by Rie

>> ヒメとヒコTOPに戻る

  • 公演日
  • TOP
  • ヒメとヒコとは
  • ストーリー
  • 取材レポート
  • ヒメヒコインタビュー
  • メンバー
  • 主催・スタッフ
  • メディア・受賞
  • 関連する鹿屋の歴史
  • ヒメヒコサポーターズ
  • 公式サイト
  • 10周年記念公演の記録
  • 第11回公演の記録