子だくさん ~たくさんの子ども達を幸せに~

5月の端午の節句に向けて、リナシティ前では小さな鯉のぼりが、たっっくさん、ひらひらと揺れています。子どもの鯉たちが、元気よく風にそよいでいるのを見ると、あぁ、たくさんの子どもたちが、元気で幸せになってほしいな、と願わずにはいられません。

最近は、本物の長く太い竹の棒にそよぐ、大きな鯉のぼりたちを見ることが少なくなったように思います。田舎に行くと、たま~に見かけるけどね。なかなか迫力があって、風情があっていいですよね。あぁ、日本の風景よ、と日本文化に思いを馳せることしばし。

今は核家族で、家、土地も小さくなり、飾る鯉のぼりも小さくなったけど、子どもたちの幸せは大きくなってほしい! そのために安心して楽しく暮らせる街を、つくっていきたいものですね。
か・の・や☆

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。