梅雨の合間に

季節は梅雨。だけど生き物たちが成長し、活発になる季節でもあり。山の散策をしていた時に、滝の近くで出会ったシジミチョウ科のベニシジミ。

風が強かったにもかかわらず、揺れるヒメジョオンの小花にしっかりくっついて何食わぬ顔で?一生懸命蜜を吸う。生きるために必死なのか、ただ美味しい食事を楽しんでいるのか、じっと見つめて想像するだけだけど。一つの花ごとに、蜜を吸う時間が結構長かったけど、花の方もみんな元気いっぱい、たっぷり蜜を育んでいたようです。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。