鹿屋市鉄道記念館

大隅線何でも語録 (大隅線に想うこと)

大隅線何でも語録 

「え~っ!?鹿屋に電車が走っていたの?!」(30代・女性・県外)
「今も大隅線があって、観光できれば・・・」(60代・男性・鹿屋市内)
「鉄道があれば、大隅は観光資源になったのに」(50代・男性・鹿屋市内)
「駅があれば大隅も活性化すると思う」(40代・男性・鹿児島市内)
「素晴らしい自然を観光できる所がたくさんあるから、電車でそこに行けたらなぁ」(60代・男性・鹿屋市)
「海沿いを電車が走るって、ドラマみたい」(40代・女性・県外)
おばあちゃんが言いました。「車に乗れなくなって免許証を返納するとき、すごく思ったの。あの時廃線に反対すれば良かったって」(80代・女性・垂水市)
「駅には大切な思い出がたくさん詰まっています」(80代・女性・鹿屋市)
「鉄道記念館は、貴重な博物館だから、リーピーターを増やして、どんどん来てほしい」(記念館案内係)
「電車がないから興味がないのかなぁ・・・小中高生にももっと来てほしいです。学校からもアピールしてほしいですね。」(記念館案内係)
「親子で遊びに来て下さい。そして、お母さんたちにも、すごいものがあるんだ~、とじっくり見てほしいです」(記念館案内係)
「壊されて残念!」(小学生・男の子・鹿屋市)
「小学校の時、電車で海によく行ったな~。懐かしいねぇ。」(40代・男性・鹿屋市)
「無くなったなんて、もったいないね~」(30代・女性・県外)
「観光用の電車として復活させたい」(50代・女性・鹿屋市)

◎ 思い出のコメント募集

思い出のコメントを募集しています。懐かしいお話もあれば是非教えて下さい!
応募先:railwaymemorial@kanoya.in

◎ 大隅線に関する写真・資料等を募集

大隅線の記憶を後世に伝えていくため、市では大隅線に関する写真・資料等を募集し、展示する取り組みを企画しています。皆様のご家庭に大隅線に関する写真や資料が眠っていませんか。展示後は返却されますので、どうぞご協力をよろしくお願い致します。詳しくはコチラ

>> 鹿屋市鉄道記念館TOPに戻る

  • TOP
  • イベント
  • 鉄道記念館とは
  • 大隅鉄道の歩み
  • 写真で辿る大隅線
  • 写真の募集
  • あの駅は今
  • 取材レポート
  • 大隅線何でも語録
  • 開館時間・休日
  • アクセス