写真コンテスト

かのや『ばら』と『海』フォトコンテスト2016受賞作品

一般部門『ばら』の部

一般部門『海』の部

浅井愼平氏コメント
 とにかくバラエティに富んでいる点が良かったです。作者の数だけ個性的なものの見方が出てきていて激戦でした。
 初期のころは割と似たようなタイプの写真が多かったのが、それぞれ自分の見方あるいは工夫がされるようになって、それだけ作品が多様な感じがします。作者は大変かもしれませんが、見る方は楽しいんじゃないかなという印象を受けました。
 写真の撮り方の工夫も、構図の問題も、時間帯も、色彩も、それこそ早朝から深夜まで狙って、決められた約束の中で、これだけの皆さんが自由に写真を撮ることに挑戦されているのが嬉しいですね。
 ばらの部は、 ばら園という条件がありますが、フォトコンテストが始まった当初は、割とクローズアップを撮って似たような作品になりがちだったものが、だんだん個性的になってきて、工夫されるようになってきていることは、審査する側としては嬉しいです。
 海の部も、 これまでは限られた海のところで撮っていて、これも似たようなものでしたが撮影地も多様になり、皆さん自分の見方ができるようになってきています。
 「海」は、いつも「ばら」と比べると負けそうになっていたのが、今回は負けていません。
 「ばらの部」、「海の部」とも、多様なバリエーションの様々なものの見方を、できるだけたくさん拾い上げられるような審査結果になればいいなと願っていましたが、結果としてそういう状態に段々なってきたことは非常に良かったなと感じます。

アドバイス
 皆さん工夫されているので、昔に比べて技術的なことをだんだん申し上げなくても済むような状態になっています。
 写真は対象をフレームするわけで、もっと高めていくためには、フレームの中での完成度をどこまで上げるかが大切です。
 入選するかどうかは造形力の違いで、自分が撮ろうとしているものがどこまで自分のイメージどおりに撮れているかどうか、ということになります。
 コンテストはどうしても比べられますので、自分で満足しているだけでは済まないんですよね。勝っていく面白さと難しさ、比べられるということをどこか頭の隅に残しておくことも大切です。
 また、優れた作品をよく見て、それを超えていこうとするエネルギーも必要で、大いにそれを楽しんで挑戦すれば、さらに面白い作品が出てくるでしょう。
 ただ、全く違うタイプのものでも「良いものは良い」と認めることを大切にしないとよくないですから、今後も皆さんの個性を見逃さないように、審査する側も努力したいと思います。
 今回のような多様性があれば、入賞できなかった方にもまだまだ可能性は残されていますので、楽しんで、時には苦しんで、自分の思い出に残るような作品を作ってほしいです。

>> 鹿屋フォトギャラリーTOPに戻る