かのやのイベント

「ふるさと納税ワンストップ特例制度」とは

平成27年4月1日以降に行うふるさと納税による寄附から適用される制度です。

確定申告をする必要のない給与所得者等の方が地方公共団体に寄附する際に、

  1. ・ 寄附先団体に「寄附金税額控除に係る申告特例申請書」を提出し、
  2. ・ 寄附先団体が、寄附された方の住所地の市町村へ控除申請を代わりに行うことで、

寄附金控除を受けられる特例的な仕組みです。

「ワンストップ特例」の対象者

次の1及び2の条件を満たす方になります。

  1. 1.地方税法附則第7条第1項(第8項)に規定する申告特例対象寄附者であること
    ⇒ふるさと納税による寄附金控除を受ける目的とは別に、所得税や住民税の申告をする必要がない方
  2. 2.地方税法附則第7条第2項(第9項)に規定する要件に該当する者であること
    ⇒ふるさと納税による寄附先団体の数が5以下であると見込まれる方

「ワンストップ特例」の手続き

寄附していただいた方に、鹿屋市から寄附金受領書と併せて、「寄附金税額控除に係る申告特例申請書」をお送りしますので、申告特例書の内容をよくご確認の上、提出していただきますようお願いいたします。

  1. ・ 申告特例申請書(PDF:455KB)

提出済みの申告特例書の内容に変更のあった場合

申告特例書の内容に変更が生じた場合、下記の様式による変更届の提出が必要になります。

  1. ・ 申告特例申請事項変更届出書(PDF:223KB)

特例申請に当たっての注意事項

  1. ・ 平成27年4月1日以降に行われたふるさと納税から適用されます。
  2. ・ 平成27年3月31日までに行ったふるさと納税について税控除を受ける場合は、確定申告が必要です。
  3. ・ ワンストップ特例が適用されるのは、特例申請を行う寄附先の自治体が 5団体までに限られます。
  4. ・ 5団体を超えて寄附をされた場合は、これまでどおり確定申告を行う必要があります。

特例制度の適用を受けた場合の控除の内容

ワンストップ特例で控除を受ける場合、翌年度の個人住民税において、所得税控除分相当額を含めて控除され、確定申告を行った場合と同額が控除されます。

提出先

〒893-8501
鹿児島県鹿屋市共栄町20番1号
鹿屋市役所 総務部 税務課 宛
TEL:0994-31-1112 FAX:0994-31-1163

>> ふるさと納税TOPに戻る